視力回復 近視の原因を知る

視力回復 近視の原因を知る

視力回復のために、近視の原因を知っておくのは大切です。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜



近視とは、何らかの原因で、網膜にうつる像が、網膜の手前で像を結んでしまうことを言います。網膜は、映画のスクリーンの役割を持っていますが、レンズの調節がうまくいかずに、スクリーンにピントが合わない状態です。ぼやけた映像しか映らないので、物がよく見えないのです。視力回復のためには、このピントを合わせる力を高めればいいのです。

近視の原因は、大きく分けて2つ。ひとつは、遺伝子によるもの。遺伝的に、近視になりやすい体質があるというものです。こうなると、視力回復の可能性が薄いような気がします。だって、生まれつきに決まっているのが遺伝子ですから。しかし、これは現在は、あまり支持されていないようです。

近視の原因のもう一つは、後天的な要因。生活環境や生活様式が近視の原因となっているというものです。一見、眼鏡の両親から生まれた子供は、眼鏡をかけるようになるというのは、常識のようで思いこみです。私の周りの家族も、例外だらけですから。それよりも、近視の両親を持つと、近視になりやすい生活習慣を知らず知らずのうちに身につけてしまうために、近視が遺伝したように見えるのではないかと思います。この生活習慣を改善することで、視力回復の手がかりが見えてきます。近視の原因となる生活習慣が無くなれば、視力が回復するということです。

では、近視になりやすい生活習慣とは、どのようなものでしょう。

簡単に言えば、近くを見過ぎると近視になります。近くを凝視する、じっと見続けることが、眼球の筋肉に過剰な硬直をもたらすのです。しかも、知らず知らずのうちに、そうした負担を眼球の筋肉にかけているのです。この筋肉への負担を軽減し、凝り固まった筋肉をほぐすようにすれば、視力が回復するということです。柔らかな筋肉で、水晶体を柔軟に調節し、網膜にピントを合わせられるようにするのです。

ですから、昔から、近視を防ぐには、遠くの風景を見る、星を見るなどの方法が推奨されています。これらの方法は、硬直した筋肉をほぐす作用があるのです。昔から言われている視力回復方法には、しっかりと根拠があったのですね。

そうした、科学的な根拠にもとづいたノウハウを集めた、視力回復法があるようです。実践している人も多く、すっかり近視が定着する前に始めることで、視力も回復しやすくなると言います。

自分流の視力回復法に限界を感じたら、この方法を試してみるのも良いかもしれませんね。

科学的な根拠にもとづいた1日13分視力アップ法 〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜はこちら

 

サイトマップ